ステュディオ・ダ・ルチザン

あちてらす倉敷「ステュディオ・ダ・ルチザン倉敷店」職人工房が生み出す、唯一無二のジーンズ

JR倉敷駅と美観地区の中間、倉敷中央通り西側に位置する新スポット〈あちてらす倉敷〉が10月10日にグランドオープン。

ホテルやマンション、商業施設などの準備が進む中、いち早く第1号として7月24日にオープンした「STUDIO D’ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン倉敷店、以下 ダルチザン)」。

ステュディオ・ダ・ルチザン

2021年で創業42周年を迎えた、老舗のアメリカンカジュアルウェアブランド。

レプリカジーンズの礎を築き、今なお進化を続ける〈ダルチザン〉の魅力に迫ります。

新しい価値を生み出す〈ダルチザン〉

大阪・東京・神奈川に続き、記念すべき5店舗目の直営店として、岡山〈あちてらす倉敷〉内にダルチザン倉敷店がオープン。

フランス語で“職人工房”を意味するブランド名は、“ヨーロッパ的クラフトマンシップ”と“日本の職人精神”を合わせ持つブランドでありたいと願い、命名されました。

ステュディオ・ダ・ルチザン

1950年代以前のヴィンテージジーンズを研究し、世界初となるヴィンテージ仕様のセルビッチジーンズ「DO-1」を製作。

世界の生産現場から姿を消したかに見えた旧式の力織機を再稼働させ、日本の伝統的なインディゴ染色技法“カセ染め”のムラ糸で織り上げたデニム生地を使用して作られました。

ステュディオ・ダ・ルチザン

定番のオリジナル15ozセルビッチデニムのシリーズ

ステュディオ・ダ・ルチザン

限定コラボ「神魔大戦ジーンズ」

ステュディオ・ダ・ルチザン

スレーキ(前ポケットの袋布)や耳の色など、裏地のデザインにも注目です。

ステュディオ・ダ・ルチザン

パッチに刻印された2匹のブタ“CLIPPER(クリッパー)”と“INDY(インディ)”

1979年の創業当時から質の高い“モノ作り”の姿勢を守り続けながら、愛らしいブタのキャラクターやコラボジーンズなど、こだわりと遊び心を兼ね備えるのもダルチザンのブランドの魅力のひとつです。

ステュディオ・ダ・ルチザン

限定コラボ「ゴジラジーンズ」18ozヘヴィーオンスデニム。ゴジラをイメージしたムラ感と凸凹が特徴

ヴィンテージウェアの忠実な再現だけではなく、独自のエッセンスを加え、新しい価値を提供しています。

ステュディオ・ダ・ルチザン

80年代に一世を風靡したシールのデザインを手がけたグリーンハウスとのコラボ。「神魔大戦Tシャツ」

 

〈オルゲイユ〉&“キッズ向け”新ブランド〈カシュカシュクークー〉

19世紀末から20世紀初頭の欧米のヴィンテージ衣料を基にデザインされた、姉妹ブランド〈オルゲイユ〉。

ステュディオ・ダ・ルチザン

フランス仕込みのセンスとユーモア、アメリカならではの自由さと力強さ。まさにいいとこ取りのブランドです。

ステュディオ・ダ・ルチザン

普遍的でありながら、飽きの来ないデザインの魅力は衣料以外のアイテムにも表れています。

ステュディオ・ダ・ルチザン

「ペンギンコーチ コーチジャケット」

遊び心をギュッと詰め込んだ、レトロで懐かしい、温かみのある服がテーマのキッズ向けの新ブランド〈カシュカシュクークー〉も登場。

ステュディオ・ダ・ルチザン

「ペナントジーンズ」クオリティに加え、ワッペンがインパクト抜群のジーンズ

フランス語で“いないいないばぁ”。この遊びのように、服を通して笑顔になってほしいという想いで名付けられました。

家族みんなでクオリティの高いアメカジコーデを楽しめるのがうれしいですね。

ステュディオ・ダ・ルチザン倉敷店 弘瀬店長インタビュー

ステュディオ・ダ・ルチザン

ー倉敷に直営店をオープンしたいきさつ、お店の特徴について教えて下さい。

元々工場が児島にあったからというのもありますが、世界的に知られるデニムの一大生産地である倉敷に出店することで、国内外のデニム好きなかたにより知っていただけるブランドになると考えています。

ステュディオ・ダ・ルチザン

お店はJR倉敷駅前の新たな商業施設〈あちてらす倉敷〉内に立地しています。

ブランドとしてのイメージを崩さない雰囲気と買い物がしやすい広い店内、入口もガラス張りなので外からようすがよく分かるのも魅力だと思います。

ー倉敷店ならではの限定商品や、おすすめの商品はありますか?

倉敷店限定で55本のみ生産したMR.Tジーンズという復刻ジーンズがあります。

1980年頃にダルチザンが製作していた創業者兼デザイナーの田垣さんのイニシャルを用いた“Mr.T”というブランドを再現した貴重なジーンズです。

ステュディオ・ダ・ルチザン

今だけでなく、ずっとおすすめのアイテムはやはりジーンズですね。

ステュディオ・ダ・ルチザン

どのブランドも共通してジーンズは製作しているので、ぜひお気に入りの一本を見つけていただければと思います。

ステュディオ・ダ・ルチザン

貴重なヴィンテージミシン「ユニオンスペシャル」

ステュディオ・ダ・ルチザン

経年変化を楽しめるレザージャケット「エアロレザー」もラインアップ

 

ー倉敷でオープンして、どんなお客さんの声を聞きましたか?

“岡山に出店してくれてうれしい”という声を一番多くいただきました。

ステュディオ・ダ・ルチザン

インターネットでの購入も簡単にできるのですが、やはり実物を見て購入したいというかたも多いのが理由です。

観光目的で立ち寄るかたや、四国や九州方面からのお客さまも来てくださるので、私たちもありがたく思っています。

ステュディオ・ダ・ルチザン

 

ー今後、どういう展開をしていきたいか教えてください。

昨年からのコロナ禍による観光客の減少で、倉敷もかなり影響を受けていると感じます。

ステュディオ・ダ・ルチザン

そんな中でも来てくださる方々に安心してお買い物を楽しんでいただけるお店づくりをしていきたいですね。

ステュディオ・ダ・ルチザン

さらにダルチザン倉敷店を知っていただき、同時にブランドの良さも広めていけたら。

かわいい帽子や男女を問わないアイテムもあるので、女性のかたも気軽に来店していただきたいです。

ステュディオ・ダ・ルチザン

今後も変わらず新たな“モノ作り”を続けて、面白いなと皆さまに興味をもっていただけるようなアイテムを取りそろえていきます。

ステュディオ・ダ・ルチザン

 

ジーンズの聖地・新たな拠点〈ダルチザン〉

ステュディオ・ダ・ルチザン

ジーンズの聖地・倉敷市児島を生産拠点として、“メイドインジャパン”に強いこだわりを持つダルチザン。

高い品質と遊び心を忘れないアイテムの数々は、ジーンズと同様に美しいエイジングを楽しめます。

ステュディオ・ダ・ルチザン

唯一無二の存在として進化を続ける“職人工房”。

〈あちてらす倉敷〉ダルチザン倉敷店であなただけのお気に入りの一着を探してみては?

ステュディオ・ダ・ルチザン

STUDIO D’ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)倉敷店

住所:岡山県倉敷市阿知三丁目13番1号あちてらす南館1F

営業時間:10時〜19時

定休日:月曜日(祝祭日は除く)

電話番号:086-441-1568

▼公式Instagram

https://instagram.com/studiodartisan

▼倉敷店のアカウントはこちら

https://instagram.com/studiodartisankurashiki

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。